新たな生活のスタート

家族

夢のマイホームを手に入れると大きな喜びも同時に得られます。そのお祝いの為に、周りの人達からさまざまなギフトを頂けるでしょう。新築祝いにピッタリとなるフラワーギフトの代表格には胡蝶欄があります。胡蝶蘭は、他の花と比較しても寿命が長く、その新築住宅が頑丈にいつまで建ち続けられるようにという気持ちを込めることができます。また、その見た目が華やかであることもギフトとして最適なものだと言われています。その他には、新築住宅で用いられる家電製品や食器、リビングに飾れるような家族写真やイラストが多く選ばれています。温かな気持ちを感じられる新築祝いを頂いたら、その相手に対して新築内祝いを手渡しましょう。

日本では、頂いた贈り物のお返しとなる品を内祝いと呼び、受け取ってから遅くても2ヶ月以内に手渡すことが目安とされています。遠方に住んでいる為、直接手渡せない場合には宅配サービスを利用することです。新築内祝いを選ぶ際に、全ての人に同じものを贈るのであればギフトショップでの注文が手軽になります。日本はお米を主食とする国なので、何かと贈り物を選ぶシーンでお米が出てくるでしょう。新築内祝いや出産内祝いでもお米は人気を集める品になっています。普段は買わないような高級米にすると、受け取る側にも大変喜んでもらえます。

購入したものをそのまま手渡すのは味気ないので、新築内祝いらしく、新築内祝いと記したのし袋に華やかなイラストを添えると明るい雰囲気の贈り物になります。マナーを守るところは守り、オリジナル性を出すところは写真やイラストを印刷したり、手描きのメッセージカードを一緒に添えたりするといいでしょう。こうした工夫が凝らされている贈り物は誰にとっても嬉しいものです。内祝いを抜かり無く手渡す為にも、お祝いの品を頂いた際には忘れない内にメモしておくと便利です。