即時発送の魅力

箱

ギフトの形にはさまざまなものがあります。その中には、お祝いのものとは反対に香典返しのように人が亡くなった場にて贈られるものがあります。葬儀などの場に参列する人達は、亡くなった人へ贈る金銭として遺族に香典を手渡します。そのお返しに遺族は、参列客へ帰る際に香典返しを渡すのです。香典返しを含めて頂いたものへのお返しは、頂いたものの価値を超えてはいけないという暗黙のルールがあります。高価なものでお返しすると相手に対して失礼な態度にとられてしまう可能性があるからです。

香典返しとなる品を選ぶ際には、こうしたマナーを考慮しながら選びましょう。そもそも香典自体が多額の金銭を包むものではないとされているので、相場として1,500~2,000円でみておきましょう。あって不便を感じるものではなく、自宅にあっても困らないものを中心に香典返しとなる品を考えると、タオルやお茶、海苔が最適なものです。相場にもふさわしく、これらのものは香典返しとして主流になりつつあります。

もの珍しい香典返しにはカタログギフトがあり、事前に遺族が料金を支払っておくことで、受け取る参列客が好きな品をカタログ内から選べるものです。タオルが大量にあったり食の好みにあわなかったりすると、タオルや海苔を喜んでもらえない可能性があります。しかし、カタログギフトのように自由に品を選べるとなると、受け取る側が本当に欲しがっているものを香典返しとして贈ることができるでしょう。